警備員心得

1 信頼される警備

 警備業務の基盤をなすものは、「信頼される警備」にある。警備員は自分の業務が事故の防止に役立ち、ひいては社会の安全に寄与していることを誇りとし、誠実に業務を遂行しなければならない。

2 人権の尊重

 業務の実施に当たっては、憲法に保証されている基本的人権を尊重し、いかなる人に対しても人権の侵害、名誉の毀損がないよう心掛けなければならない。

 

3 厳正な服務

 端正な服装、礼儀正しい言動、親切な対応で業務を行うとともに、警備業法その他の法令、就業規則等を守り、職務上の命令には忠実に従わなければならない。

 

4 心身の鍛錬

 警備員としての心身の鍛錬(たんれん)に努めなければならないがそのためには、常に立派な社会人としての人格の陶冶(とうや)を心掛け、自ら健康に気をつけ、積極的に精神と身体の鍛錬に努力しなければならない。

 

5 機敏な措置

 盗難等の事故があったときは、沈着冷静、しかも機敏に行動して措置に当たり、また、定められた緊急連絡先に速やかに報告・連絡して、必要な指示を受けなければならない。

 

6 秘密の保持

 業務に関して知り得た秘密は、みだりに他人に漏らしてはならない。退職後といえども同様である。

 

7 責任ある行動

 契約先が建物の鍵を預けるのは、契約に基づく、警備員一人ひとりの業務の確実な実施があるからである。
 間違っても、誘惑に負けるようなことがあってはならない。また、契約先内にある紙切れ一つであっても、無断で借用したならば盗みと同じことになる。

 

((一社)全国警備業協会編集・発行「警備員必携」より)

閉じる