社団法人 東京都警備業協会 Tokyo Security Service Association

  • このサイトについて
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
文字サイズの変更 標準 大
ホーム › 警備員教育/講習について › 警備員教育(新任/現任教育)

警備員教育/講習について

警備員教育(新任/現任教育)

警備員は、新任教育30時間以上、現任教育8時間以上(半期毎)の教育を受けることが義務付けられています。この警備員教育は、警備員指導教育責任者が実施するのが原則ですが、東京都警備業協会は、それぞれの教育を実施し、プロの警備員を輩出して安全と安心を提供するために努力しています。

新任教育

新任教育を、当協会で23時間(基本教育15時間、業務別教育8時間)実施しています。又、新任教育においては、職業能力開発促進法第24条第1項の規定により東京都知事の認定を受け、認定職業訓練校としての教育を行っています。

現任教育

現任教育を、当協会で6時間(基本教育3時間、業務別教育3時間)実施しています。認定制度はありません。

ホーム › 警備員教育/講習について › 警備員教育(新任/現任教育)
↑このページの先頭へ

各種教育・講習等の手続き